JNA認定校とは?

ネイリストになりたい人、ネイリストとしてどんどんキャリアアップしていきたい人。
そんな人には、ネイルスクールはJNA認定校がおすすめです。
JNA認定校とは、NPO法人である日本ネイリスト協会が認めたスクールのことを言います。
認定をされるためには厳格な審査に合格をしなくてはいけませんので、スクールの質を示す1つの基準となります。

画像出典元:http://nailmuseum.com/school/course

日本ネイリスト協会について

今ではすっかり美容業界に定着をしているネイルですが、そうなったまでには日本ネイリスト協会の働きが大きく貢献をしています。
この協会が設立をされたのは、1985年のこと。

技術の発展・製品の開発・検定試験の導入・人材の育成・認定システムの構築などさまざまな事業を行い、現在のネイル文化の礎を築き上げていきました。
ネイル業界ではその権威も大きく、ネイルスクールにとってJNAに認定をされていることは1つのステータスになります。
またJNAの検定資格に合格をしていることは、ネイリストの実力や知識を示す大きな基準にもなっています。
この協会の存在がなければ、日本のネイル文化は今とはまた違った形になっていたことでしょう。

画像出典元:http://dear-college.com/about/about-jna/

なぜ、JNA認定校なのか?

なぜ、ネイルスクールを選ぶ時はJNA認定校がおすすめなのか?
その大きな理由として、「JNA認定講師」の存在が挙げられます。
この資格ではさまざまな受験資格が求められるのですが、その1つに「JNA 認定校を卒業している方」という条件があります。
認定校以外を卒業した人がこの条件を満たすためには、後から20時間以上のカリキュラムを受ける必要があり、認定校出身の人と比べて効率性という面で大きく劣ることになります。

また「JNAジェルネイル技能検定」の試験は認定校で行われますので、わざわざ他の行き慣れていない会場に行く必要はありませんし緊張もいくらか緩和させることができます。
資格はネイリストの実力を示す1つの材料であり、持っていることで将来の選択肢を増やすことができます。

今はJNA認定講師を取るつもりはないという人でも、ネイリストになる以上は将来的に欲しくなる可能性もあります。
そんな時に苦労しないためにも、ネイルスクール比較サイトでは認定校から優先的に検討するようにしましょう。

JNA認定校の探し方

認定されているスクールは、ウェブサイトにそのことを記載している場合がほとんどです。
まだ日本ネイリスト協会のウェブサイトでは、認定校の一覧を見ることができますのでチェックをしておきましょう。

JNA認定講師資格試験の様子をチェック!

プロのネイリストになるには資格が必要?

JNA認定校と認定されていないスクールについて教えて!

ネイルスクールに通おうと思うのですが、JNA認定校を選ぶメリットってありますか?
あります。

★JNA認定校は『ジェル検定』の初級・中級・上級の試験を校内で受験することができます。
さらに初級は、指定の授業を受講し受講時間をクリアしていれば筆記試験のみで受験が可能です。
★『ネイルサロン衛生管理士講習』の資格が取得できる講座を受講することができます。
★JNAの特典が受けられます。
JNA認定校の在校生は、JNA主催のセミナー受講割引・ネイル技術を競うコンペティション出場料の割引・入会金免除など様々な特典が受けられます。
★JNA認定講師の受験資格を得ることができます。

『JNA認定講師』とはなんですか?
JNA認定講師とはJNAというNPO法人が定めた資格です。

ネイリストの講師として活躍するなら「JNA認定講師」の資格は取得したほうがいいでしょう。
「JNA認定講師」の資格を取得するには、JNA認定講師試験に合格しなければなりません。

講師として働ける資格『JNA認定講師』はどうやって取得すればいいですか?
複数の受験資格を満たす必要があります。

★満20歳以上であること。
★ネイリスト技能検定試験1級に合格し、1年以上が経過していること。
★プロのネイリストとして実務経験があること。
★JNA認定校を卒業していること。
など…

受験資格の1つである「JNA認定校を卒業していること」が満たせていません。どうすればいいですか?
必要な単位数を認定校に通い、受験資格を得ることも可能です。

「JNA認定校」を卒業していない場合は、JNA認定校の「ネイル専門学科」を受講し、実技時間を計20時間以上のカリキュラムを受験手続前までに修了することが必須です。

JNA認定校じゃないスクールに通うメリットはありますか?
あります。

★JNA認定校に比べて学費が安く済む
★様々な特色を活かしたスクールがあり選択肢が広い
JNA認定校の場合だと協会が定める制約が厳しいですが、JNA認定校ではないスクールの場合、生徒の都合に応じて幅広い学び方ができます。
★スクールオリジナルのカリキュラムがある
プロのネイリストとして働いている人向け、趣味程度のセルフネイル向け、短期レッスン、スキルアップ向けなど各スクールのカリキュラムがあります。
★JNA認定校に負けない手厚いサポート
JNA認定校にする為の登録料がない分、就職サポートの充実・スクールの設備面強化・確実にオフィシャル受験で合格できるようサポートに力を入れているスクールが多いです。

JNA認定校じゃないスクールに通うデメリットはありますか?
『認定校受験資格』を得られないことが1番のデメリットです。

他にも、通っているスクールでのJNAジェルネイル検定の受験や、ネイルサロン衛生管理士受講が出来ない点もデメリットでしょう。
JNAジェルネイル検定の場合、JNA認定校以外のネイルスクールに通う人は、自分で探したモデル同伴でオフィシャル会場に行き、実技試験と筆記試験を受験しなければなりません。

JNA認定校と認定されていないスクールはどっちがお勧めですか?
スクール選びにどちらがいいというのはありません。ですが将来スクールで講師活動も視野にいれえるなら認定校がお勧めです。

JNA認定校、それ以外のスクール、どちらにもメリットとデメリットがあります。
自分が取得したい資格・学びたい内容・授業時間数・スクールにかけられる費用面・サポート体制をよく確認しある程度決めてから自分に合うスクールを選びましょう。
ネイルスクール選びで失敗をしたくない・どうしても決められないという人は、JNAが認めた教育者が授業を行っているという安心感があるので認定校を選んだ方がいいでしょう。
講師との相性・スクールの雰囲気もネイルスクールを選ぶ時の重要なポイントなので実際に見学する、資料を請求する、説明会に参加するなどして確認しましょう。